読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この国では犬が

本と芝居とソフトウェア

2015 年 10 月に読んだ本(『オン・ザ・ロード』はすごくよかった)

10 月は 14 冊。

最終週はまるっとサンフランシスコに行っていたので実質 3 週間、とするとペースは落ちていません。

でも、何となく最近、本を読むことがちょっと変わってきているような、変わりつつあるような、変えていきたいような……気がします。

本を読んでいて、自分にとって既知のものだと感じることが増えてきたのかな。
だから速く読める、というのもあるのだけれど。

もう少し歯ごたえのあるというか、一筋縄ではいかないというか、あるいは単純に未知の部分が大きいというか、そういう本を少しずつ増やしていきたいような気がしています。

読書メーター

2015年10月の読書メーター
読んだ本の数:14冊
読んだページ数:3904ページ
ナイス数:25ナイス

対話のレッスン 日本人のためのコミュニケーション術 (講談社学術文庫)対話のレッスン 日本人のためのコミュニケーション術 (講談社学術文庫)感想
こういう問題意識を持って、また精力的に社会で活動もしている人がいてくれるのは、とても嬉しい。
読了日:10月2日 著者:平田オリザ
人生心得帖 (PHP文庫)人生心得帖 (PHP文庫)
読了日:10月3日 著者:松下幸之助
商売心得帖 (PHP文庫)商売心得帖 (PHP文庫)
読了日:10月4日 著者:松下幸之助
オン・ザ・ロード (河出文庫)オン・ザ・ロード (河出文庫)感想
ディーン。
読了日:10月10日 著者:ジャック・ケルアック
いまなんつった? (文春文庫)いまなんつった? (文春文庫)
読了日:10月13日 著者:宮藤官九郎
その英語、ネイティブには失礼です (青春文庫)その英語、ネイティブには失礼です (青春文庫)感想
へ~というものもあればそらそうやろというものもあって、「そう聞こえるのか!」的な快感は少なかったですが、なかなか勉強にはなったと思います。
読了日:10月15日 著者:デイビッド・セイン
ふたつめのボールのようなことば。 (ほぼ日文庫)ふたつめのボールのようなことば。 (ほぼ日文庫)感想
静かに、頷きながら読みました。
読了日:10月17日 著者:糸井重里
蔵書の苦しみ (光文社新書)蔵書の苦しみ (光文社新書)
読了日:10月18日 著者:岡崎武志
俳優のためのハンドブック ─明日、舞台に立つあなたに必要なこと俳優のためのハンドブック ─明日、舞台に立つあなたに必要なこと感想
三読。多少なりと稽古を重ねてから読むと、そうだった、と確認し直すところもあり、読んだことを忘れていて(あるいは理解できていなくて)新たに「これは使える!」と発見し直すところあり、本当に有用な本です。コンパクトなので持ち歩きも楽だし再読が容易なのもよい。
読了日:10月18日 著者:メリッサ・ブルーダー,リー・マイケル・コーン,マデリーン・オルネック,ナサニエル・ポラック,ロバート・プレヴィット,スコット・ジグラー
演出についての覚え書き 舞台に生命を吹き込むために演出についての覚え書き 舞台に生命を吹き込むために
読了日:10月18日 著者:フランク・ハウザー,ラッセル・ライシ
最高の自分をつくる人生の授業最高の自分をつくる人生の授業
読了日:10月21日 著者:キム・ナンド
え、なんでまた? (文春文庫)え、なんでまた? (文春文庫)
読了日:10月22日 著者:宮藤官九郎
バカの壁 (新潮新書)バカの壁 (新潮新書)感想
絶対不変の真実などないということと、それでもお互いにわかりあえるところを探り出して、それを足がかりに生きるということ。
読了日:10月23日 著者:養老孟司
演技でいいから友達でいて―僕が学んだ舞台の達人 (幻冬舎文庫)演技でいいから友達でいて―僕が学んだ舞台の達人 (幻冬舎文庫)
読了日:10月25日 著者:松尾スズキ

読書メーター

こうして見ると、特に既知っぽい本を選んでしまっている、ようなところもありそうです。

既知のものを「だよね、だよね、そうそう、そうだった」って言いながら読み進めるのは楽だし、気持ちいいし、それはそれでたのしいんですよね。

でも、新しいものを見つけるときのよろこびにはかえがたい。
ので、バランス取っていきたいと思います。

そうそう、アメリカ行くからってことで読んでみた『オン・ザ・ロード』はすごくよかった。

ストーリーというほどのストーリーはなくて、途中には散漫な印象を受けるところもあったりしたのだけど、不思議と読後感がなにか、圧倒的でした。

うっかり原語版も買ってしまったので(せっかく City Lights Books に行ったからというのもあって……)、再読してまた何か見つけられたらいいな、と思います。

On the Road (Penguin Classics)

On the Road (Penguin Classics)