読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この国では犬が

本と芝居とソフトウェア

ソフトウェア

モダンアジャイルに対するざっくりした理解

『パターン指向リファクタリング入門』の著者である Joshua Kerievsky が昨年の Agile 2016 の基調講演で発表した、「モダンアジャイル」というコンセプトがあります。 modernagile.org InfoQ で紹介されていたり、 www.infoq.com 永和システムマネジメント…

スクラムで半年開発やってみた感想

開発者として、スクラムチームでの開発を去年の 8 月半ばから始めたのですが、この 1 月いっぱいでいったんチームから抜けるので、ざっくりざっくり感想をまとめてみます。 前提として、スクラムには 3 つの役割*1があり、それぞれの役割から見たとき、それ…

開発者とスクラムマスターを兼任するとつらいし成果も出ない(と思われる)

スクラムチームで開発者をやっていると、開発者としての振る舞いとスクラムマスターとしての振る舞いは違うな、ということを日々痛感します。 開発者をやっていると「スクラムマスターらしい振る舞い」ができない 8 月に認定スクラムマスター研修に参加して…

スクラムをやっているチームで育った子はスクラムをやらないチームでやっていけないのでは仮説

スクラムは、すべてを明らかにするフレームワークです。 スクラムに取り組むことで、何もかもがスクラムチームのもとに明らかになっていき、(プロダクト開発にまつわる)悩みや苦しみを個人で抱えこむといったことはとても少なくなります。*1 あ……、とは言…

株式会社アプレッソでは丁寧なJava書いてくれるソフトウェアエンジニアを募集しています

僕が開発者として所属しているアプレッソでは、ソフトウェアエンジニアを絶賛募集中です。*1 事業は(少なくとも、僕が入った 2 年前からあとは)堅調に伸びていて、会社として、個人としてやりたいことも増える一方なのですが、採用活動がなかなか予定通り…

スカラ祭 2016 2 日目 : Scala コミュニティはあります #ScalaMatsuri

ScalaMatsuri の 2 日目は、一日を通して行われるアンカンファレンスの題目を決める朝会から始まります。 アンカンファレンスというのは事前に登壇者や内容を決めず、参加者がテーマを持ち寄って、有志が発表したり、パネルディスカッションをしたり、議論を…

スカラ祭 2016 1 日目 : Scala を掘り下げたくなりました #ScalaMatsuri

この土日で開催されている ScalaMatsuri 2016 に参加しています。 http://scalamatsuri.org 日常業務ではほぼ 100% Java を使っていて、Java はそのエコシステムまで含めた総合力ではとてもナイスな言語だと思うのですが、どうしても他のよりモダンな言語に…

理想のポモドーロタイマー

こないだ読んだ『Soft Skills』に触発されて、ポモドーロ・テクニックを再開したのだけど、どうもタイマーに若干の不満がある。 いや不満というほどではないのだけれど、ちょっとした改善要望というか、「だったらいいのに」というところがいくつかある。 な…

『Soft Skills』はたしかにスゴい本だった。でも、何が?

ひげぽんさん(@HigeponJa)が 3 か月くらい前にブログで紹介して話題になっていた『Soft Skills』を読みました。 d.hatena.ne.jp 結果、たしかにこれはなかなかちょっと他にない本だな~と感じたので、改めて紹介します。 なぜスゴいと思ったのか まず、な…

京から江戸へ(あるいは島原の乱が再び起こったら) #ruraladvent

はじめに このエントリは「地方在住ITエンジニア(元・地方在住も可)Advent Calendar 2015」の 9 日目の記事です。 www.adventar.org また、「アプレッソ Advent Calendar 2015」の 9 日目の記事でもあります。 qiita.com この記事では、私が京都で働いた経…

JJUG CCC 2015 Fall とてもたのしかった! #jjug_ccc

久々に *1 Java の話。 JJUG CCC 2015 Fall に行ってきました。 JJUG CCC は朝の 10 時から、懇親会まで含めると 22 時までという地味にハードコアなイベントなのですが、初めてフル参加しました! 参加したセッション 参加したセッションは以下の通り。 key…

パッケージソフトウェアの新機能開発で Design Doc を書いてみた

このエントリは、パッケージソフトウェア開発 Advent Calendar 2014 の 7 日目の記事です。 はじめに 普段、仕事でパッケージソフトウェアを作っています。 具体的には、DataSpider Servista という EAI(Enterprise Application Integration)で、ざっくり…

JJUG CCC 2014 Fall のメモ #jjug_ccc

JJUG CCC 2014 Fall のメモです。 個人的なメモですが、ブログのエントリになっていると何かと使い勝手がよいので、公開します。 感想については別のエントリがあるので、ご興味がおありの方はぜひ。 これからの Java エンジニアの生きる道 過去最高の参加者…

JJUG CCC 2014 Fall に行ってきました #jjug_ccc

行ってきましたので、参加したセッションの感想など。 あらまし がんばって早起きして、基調講演から、17:00-17:50 のものまで、計 7 つのセッションに参加しました。 K-1 基調講演1 : これからのJavaエンジニアの生きる道 K-2 基調講演2 : Java 2014 将来に…

リモートワーク vs 一つのオフィス、あるいは個室

リモートワークが盛り上がっている 昨今、リモートワークが盛り上がっているようです。 何年も前からリモートワーク推進派の 37Signals はその名もずばり『強いチームはオフィスを捨てる』(原題は『REMOTE』)を出しましたし *1、日本でも KAIZEN platform…

RxJava Night #rxjnight に参加しました

火曜日は、千駄ヶ谷のピクシブさんで開催された RxJava Night #rxjnightに参加していました。 ジャバリアクティブあなたと。 前日までずっと 10 人くらいキャンセル待ちでさっぱり動かなくて、「こら無理やな……」とか思っていたのですが、前日夜あたりにドド…

あなたとスレッドダンプ - スレッドダンプ入門

去る 9 月 20 日(土)に、第八回 #渋谷java というイベントで LT してきました。(第八回 #渋谷java でスレッドダンプについてお話ししました - この国では犬が) あとあと自分で参照したり、スレッドダンプを知らない人に見せたりしたい内容でもあるので、…

『アジャイルレトロスペクティブズ』に学ぶふりかえりの 5 フェーズ

『アジャイルレトロスペクティブズ』という舌を噛みそうなタイトルの本があります。 アジャイルレトロスペクティブズ 強いチームを育てる「ふりかえり」の手引き作者: Esther Derby,Diana Larsen,角征典出版社/メーカー: オーム社発売日: 2007/09メディア: …

パッケージ開発エンジニアを募集しています

去年の 11 月から僕が開発者として勤務している株式会社アプレッソが、開発者を募集しています。 パッケージ開発エンジニア募集!SIer出身の方大歓迎!! by 株式会社アプレッソ パッケージ開発のエンジニアがどう働いているか知りたい人、集まれ! by 株式…

ソニックガーデン本(『「納品」をなくせばうまくいく』)は想像以上に熱い本だった

「納品」をなくせばうまくいく ソフトウェア業界の“常識"を変えるビジネスモデル作者: 倉貫義人出版社/メーカー: 日本実業出版社発売日: 2014/06/12メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (6件) を見る 「納品のない受託開発」を掲げるソニ…

第六回 #渋谷java に行ってきた

第六回 #渋谷java に行ってきました。 いってきた Java と聞いて、いってきた。 のですが、遅刻して大変すみませんでした。 10分ばかり遅れて着いたらまだ自己紹介タイムだったのでちょっと安心した反面、瞬時に状況がつかめずちょっと焦りました。 LT イベ…

JJUG 春の Java 8 祭りに行ってきた

JJUG イベント「祝☆Java 8 Launch」に行ってきたので、簡単に感想など。 はじめに 3 月 18 日に Java SE 8 がローンチされた。めでたい。 それを祝うためのイベントが催されたので、参加してきた。 以下 7 つの発表を見たので、それぞれごく簡単に感想とかを…

作業ログのすすめ

作業ログをつけよう 一人で作業をする人は、作業ログをつけよう。 作業ログをつけることで、以下 3 つのメリットが得られる。 文字に起こすことで、思考を整理できる 休憩や割り込み等の中断から、直ちに復帰できる ふりかえりに使える、作業記録が残る 作業…

ポモドーロと Trello によるタスク管理(3 of 3 : Trello 編)

この記事は、「ポモドーロと Trello によるタスク管理(2 of 3 : ポモドーロ編)」の続きです。 ずいぶんあいだが開いてしまったが、Trello 編である。 前々回に書いた通り、Trello は WEB アプリケーションとして提供されている「コラボレーションツール」…

ポモドーロと Trello によるタスク管理(2 of 3 : ポモドーロ編)

この記事は、「ポモドーロと Trello によるタスク管理(1 of 3 : 導入編)」の続きです。 前回の記事では、ポモドーロと Trello について投げやりな、もとい簡潔な紹介をさせていただいた。 今回から本題に入ろう。昨年の終わり頃に職場が変わって、よりよい…

ポモドーロと Trello によるタスク管理(1 of 3 : 導入編)

新しい会社で新しい仕事を始めてから 2 ヶ月が経って、ちょっと落ち着いてきたので、今の仕事の仕方について書いてみる。 ポモドーロ・テクニック ポモドーロ・テクニックという時間管理術というか、タスク管理手法というか、まあそういったものがある。 ご…

プログラミング言語Java 第24章~25章

第24章 国際化とローカリゼーション 第25章 標準パッケージ を読みました。 第24章 国際化とローカリゼーション 恥ずかしながら、「ロケール」という言葉の正しい意味を初めて知りました。 ロケールは、「場所」を定義します。場所は、言語、文化、国などの…

プログラミング言語Java 第22章~23章

第22章 その他のユーティリティ 第23章 システムプログラミング を読みました。 Formatterについて割とすっきりまとめられているのは嬉しい。 Cのprintfの書式、未だに脳内で整理できてないので……。順番とか、すぐ忘れますよね。(Javaでは)こうですよ。 %[…

StrategyパターンはLSP違反ではない

長年の疑問がおおむね解消された気がするので、記念エントリ。 わかっている人には「ではない」て言われても「そりゃそうなのでは?」という感じだと思いますが、ご容赦ください。 デザインパターン(というか、オブジェクト指向設計)のあっさい理解が原因…

プログラミング言語Java 第20章~21章

第20章 I/Oパッケージ 第21章 コレクション を読みました。 ストリームというやつも、なかなか、というか、いといみじ*1。 実に40を超えるクラスが御登場あそばされる……。ゆえ、弁別できていません。 バイトと文字、入力と出力、バッファ、フィルタ、パイプ……

プログラミング言語Java 第18章~19章

第18章 パッケージ 第19章 ドキュメンテーションコメント を読みました。 この辺はいかにもJavaならではの話題なので、Javaプログラマに近づいた気がして嬉しい。 どちらの使い方も、まあひと通りはわかった気がします。運用の仕方はプロジェクト次第という…

プログラミング言語Java 第17章 ガーベッジコレクションとメモリ

を読みました。 雑感:finalizeは役に立たない finelizeメソッドは、オブジェクトを再び参照されるようにすることで、オブジェクトを復活させることができます。 ウケる。 GCについては、半端に手を出すものじゃないと思ってたけど、「メモリいっぱい使う前…

プログラミング言語Java 第16章 リフレクション

を読みました。 リフレクション周りのクラス図、複雑すぎでは……。14個のクラス・インタフェースが出てきて、継承・実現関係の矢印が17本も伸びている。 特にType周り(Type、ParameterizedType、GenericArrayType、TypeVariable<D>、WildCardType、Class)がや</d>…

プログラミング言語Java 第13章~15章

を読みました。 第13章 文字列と正規表現 第14章 スレッド 第15章 アノテーション いずれもC++03にはなかった機能で、ウキウキです。がぜん楽しくなってきた。(まあ正規表現とスレッドのサポートはC++11からはあるのですが、使ったことないため比較デキマセ…

プログラミング言語Java 第9章~第12章

を読みました。 第9章 演算子と式 第10章 制御の流れ 第11章 ジェネリック型 第12章 例外とアサーション 第11章以外は、細部を除けば思いのほかC++に近いなという印象。 そして、finallyはやっぱ慣れないなー。 第11章は、1回読んだ現時点では、3分の1もわか…

プログラミング言語Java 第8章 型としての基本データ型

あいだが開いてしまいました! 型としての基本データ型。 へんな章題……。 8.1 共通のフィールドとメソッド 8.1.1 生成 プリミティブ型のラッパークラスは、それが包み込んでいる基本データ型の値に対する不変オブジェクトを定義する。 そのクラスがラップす…

プログラミング言語Java 第7章 トークン、値、変数

7.1 字句要素 7.1.1 文字セット C++含め、多くの言語の文字コードはASCIIないしEBCDICだが、JavaはUTF-16。 7.1.2 コメント コメントのネストはできない。そして、プリプロセッサマクロがないので、# if 0も使えない。if (false) て……。まあ、IDEを使ってい…

プログラミング言語Java 第6章 列挙型

きたぜ、enum。 プログラミング言語によっては、enumは名前付き整数値の集まりに過ぎないですが、プログラミング言語Javaでは、特殊な種類のクラスであり、enumの個々の値を表すインスタンスを持っています。 それを待っていた! 6.1 簡単なenumの例 Javaのe…

プログラミング言語Java 第5章 ネストしたクラスとインタフェース

ネストしたクラスとインタフェース。 ネストした型は、(中略)お互いのすべてのメンバーにアクセスできる信頼関係を共有しています。 ここにも強力な信頼関係がある。 5.1 staticのネストした型 5.1.1 staticのネストしたクラス 5.1.2 ネストしたインタフェ…

プログラミング言語Java 第4章 インタフェース

ちょっとあいだがあきました。 インタフェース! オブジェクト指向設計の基本的な単位であるところの型、その純粋な型を定義するのがインタフェースとの由。 4.1 簡単なインタフェースの例 インタフェースは「できる(-able)こと」を表現することが多い。 …

プログラミング言語Java 第3章 クラスの拡張

面白くなってきた。第3章。 継承には2種類がある。 契約あるいは型の継承 実装の継承 2. だけが目的なら、継承ではなくコンポジションや転送を使用すべき。だと思う。 3.1 拡張したクラス Object←Attr←ColorAttrという例。 3.2 拡張したクラスのコンストラク…

プログラミング言語Java 第2章 クラスとオブジェクト

このペースだと読み終わるのに半年かかる。 やばい。 第2章。 興味深いプログラムは、ほとんどが、オブジェクトを生成して操作します。 いきなり言い切りっぷりがすごい。 2.1 簡単なクラス 2.1.1 クラスのメンバー クラスは3種類のメンバーを持つことができ…

プログラミング言語Java 第1章 はやめぐり

気を取り直して、プログラミング言語Javaを読む。 基本的にC++の経験をベースに読んで、気になったとことか気づいたことをつまんで記録していく感じにしようと思っている。 1.1 さあはじめよう クラス、インスタンス、オブジェクト、メンバといった用語につ…

Javaを学びます

C++プログラマのenkです。 Javaを学びます。 簡単に自己紹介。 C++経験は業務で2年ちょい、でもBoostもC++11も使ってないので、C++erを名乗るには程遠い。Javaは4年くらい前に結城浩さんの入門書(上下巻)を読んだっきりなので、実質入門者です。 というわ…