読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この国では犬が

本と芝居とソフトウェア

観劇 3 月(三人姉妹、十二夜 ほか)

芝居

3 月もたくさん観ました。

9 ほーん。

3 月のトップ 2

三人姉妹

www.kaat.jp

  • 作 : アントン・チェーホフ(訳:神西清)、演出 : 三浦基、出演 : 安部聡子、石田大、伊東沙保 、小河原康二、岸本昌也、窪田史恵、河野早紀、小林洋平、田中祐気
  • 日時 : 2015/3/9(月)19:00~@KAAT 中スタジオ

京都に 7 年半住んでいたのだけど、地点は初めて観た。
それから三人姉妹も。

しかし、すごかった。

三人姉妹はすれ違いの芝居だと何かで読んだことがあって、すれ違いというのは個人的にかなり重要なモチーフなので楽しみにしてもいたのだけれど、まさかそれを、こんなかたちで見せるなんて。

冒頭、登場人物たちが獣のように四つん這いで、ぐちゃぐちゃと絡み合いながら登場するのにも、みな不思議なリズムで口々に「アァッ」と叫んでは崩折れるばかりで一向に台詞が始まらないことにも息を飲んだし、終始なんだか断片的な台詞ばかりで筋がきちんと語られないな、と思っていて、帰り道に持参した文庫を開いて読んだら終始筋の通った戯曲で、要するに舞台とは全然違っていて思わず「全然ちゃうやんけ!!」と心の中でツッコミを入れたし、でもそういうことのすべてが実はどうでもよくて、ただ、舞台の上で真実が語られているように見えたことがすばらしかった。

どうしてそう見えたのかは今でも全然わからないんだけど、とにかくそう見えたのだから、すごくよかった、と評する。

一つ強く印象に残っているシーンを上げるなら、姉妹が壁に張り付いて、三者三様に必死に何かを訴えようとしたとき、ショスタコーヴィチの曲が大音量になって、観客(にも登場人物たちにも)何も聞こえなかった場面で*1、それだけだと一見インスタントで安っぽい表現にも見えてしまいかねないと思うのだけど、どうしてその場面がよかったかといえば、やっぱりそれ以外の場面でも終始一貫して戯曲「三人姉妹」で私たちの生活、私たちの人生について語られていることを誠実に語っていたからなんじゃないかと思う。そして、どうしてああいうかたちで語ることができるのかは、全然わからない。

全然わからないし、どうしてああいうかたちで語ることができると演出家が信じることができるのかも、どうしてそれを信じて役者が稽古できるのかも、全然わからなかったけれど、先月末から芝居を始めてみたら、役者の気持ちはちょっとだけわかるような気もしている。(そして、演出家の気持ちはまだ全然わからない)

地点の芝居はぜひまた観たい。
京都に行けば観られるのだろうけど。関東にもまた来てほしい。

十二夜

www.tohostage.com

喜劇を観よう、と思い立って出かけた十二夜

まず、とても面白かった。
観終わったあとに、前置きなしで「面白かった! 観てよかった!」と思えたのは、これが初めてかもしれない。*2

役者の発声がいい。
一番舞台から遠い(そして一番安い)B 席で観ていたのだけれど、何を言っているのかよくわからない、聞こえない、という場面がまったくなかった。これって基本だけど、すごいことだと思う。(というのは、そうじゃない舞台をいくつも観たことがあるからそう思うのだけど)

台詞もいい。
というのは、文言のことじゃなくて、台詞がきちんと人間の言葉として語られているということ。
先月観たハムレットではちょくちょく台詞を読むように聞こえてしまう場面があったのだけれど、400 年も前の戯曲なので、努力しても、どうしてもそうなってしまう場面があるものなのだと思う。
でも、この日の十二夜にはそれもなかった。あとでそのことに気づいて、びっくりしてしまった。

戯曲がいい。
というのは、まあシェイクスピアなので、おさえるとこしっかりおさえてて面白い。ただ、帰ってから戯曲を読んでみると思いのほか舞台だけでバッチリ全部伝わってたことに気づいて(いつもは「そういうことだったのか~」というのが何箇所かあるものなのだけど)、やはり芝居がよかった、というところに帰ってくる。

といった次第で、変な言い方ですが、プロとはこういうものか……と感心してしまいました。
特にフェステ(道化)役の成河さんがオリヴィアを茶化す、美声で唄う、軽やかに跳ね回ると、八面六臂の活躍でした。

もちろん、他の役者も、演出もすばらしかった。
ヴァイオラ/セバスチャン一人二役の音月桂も好演ながら、最後のヴァイオラ(シザーリオ)が二人!? の場面にはビビってしまいました。あれ、同じ人だと思ってたけどまさか……? 的な。笑

美術も音楽もよかったし。夢のような時間でした。

3 月に見た芝居

詩人の家

ミミズクとめとろもぐら

三人姉妹

愛の漸近線(1 回め)

愛の漸近線(2 回め)

薮原検校

悪い冗談

漂泊

十二夜

*1:泣きましたよそこで、でも直後に場の空気が笑いに転じたので焦った

*2:放心状態になったことなら何度もあるけど……

広告を非表示にする