読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この国では犬が

本と芝居とソフトウェア

株式会社アプレッソでは丁寧なJava書いてくれるソフトウェアエンジニアを募集しています

僕が開発者として所属しているアプレッソでは、ソフトウェアエンジニアを絶賛募集中です。*1
事業は(少なくとも、僕が入った 2 年前からあとは)堅調に伸びていて、会社として、個人としてやりたいことも増える一方なのですが、採用活動がなかなか予定通りには進んでいないのが現状です。

要は、(しっかりとソフトウェアエンジニアリングができる、あるいはできるようになろうとする意志と能力がある)人がほしいです。

ぜろゆさん(@zer0_u)の一昨日のエントリ

teafortw0.hatenablog.com

を見て、弊社割と条件合いそうだし、ぜろゆさんでなくても似たような感じで転職したい人はきっといるはず、ということで、ぜろゆさんのリクエストに答えていくようなスタイルで書いてみます。

ぜろゆさんのリクエストに答えてみる

やったことがあること

Java, Clojure

アプレッソの製品は、9 割方 Java で書かれています。
主力の DataSpider Servista という製品のコードの 9 割は Java です。残りの 1 割が C# で、Studio for Web という Web 用のクライアントを作るのに使っています。

Clojure を業務で使う機会は(自力で作ることは不可能ではないですが)今のところないです。
が、(当然)関数型プログラミングの知識・経験は Java でのプログラミングにも役立つので、歓迎されます。

英語(読み)

当然といえば当然ですが、技術情報を調べる際に英語ができるととてもよいです。
また、近年はグローバル展開も視野に入れた活動をしていて、一方で現状アプレッソのエンジニアの多数が英語が得意というわけでもないので、英語ができる人が増えるのは大歓迎です。

文章校閲・校正

アプレッソの製品はエンタープライズ向けパッケージ製品ですが、使いやすさを重視しているので、ドキュメントの整備にも力を入れています。
ただ、専属のテクニカルライターがいるわけではなく、基本的にエンジニアが書いています。全体を見る人がいて、品質を一定水準以上に保つ努力をしています。

といった事情から、文章に強いエンジニアが増えることはやはり大歓迎です。

応用情報技術者資格を持っています

これについては特に言うことはないです。
まあ、基礎が整っているのは(当然)歓迎すべきことです。

やりたいこと

職種:技術職(というよりは営業職以外)

アプレッソでは職種別採用を行っていて、ソフトウェアエンジニアを熱烈募集中です。
ちなみに、テストエンジニアやサポートエンジニアも同時に募集しています。

本人の意思を無視して突然営業にコンバートみたいなことはまずないです。
と同時に、希望すればテストやサポート、セールスエンジニアに転向することも割と柔軟に可能だと思います。(制度があるわけではなく、都度相談ですが)

分野:教育とか、バックオフィスとか、そういう「表に出づらいけど大事なところ」

ぜろゆさんの志向と完全には一致しないのかもしれませんが、エンタープライズ向けパッケージ製品というのはまさに「表に出づらいけど大事なところ」だと思います。
実際、表に出づらいことで、Web 系の華々しいところに比べると、採用活動で苦戦しがちになる部分でもあると思います……。

主力製品の DataSpider Servista は、具体的には「データ連携」の製品です。
社内・社外を問わずシステムを構築する際に、システムとシステムを連携するために使われます。もちろんプログラマがいれば各システムの API に対してプログラミングをすることでシステムができるのですが、そこを楽にしたい、ゼロからの開発ではなく安定したパッケージでまかなってほしい、ということを基本的な目標としている製品です。

勤務:できたら10~20時で抑えたい

定時は 9:30-18:00 です。
10 人くらいいる開発部に 1 人だけですが、ほぼ 100%、18:00 ちょうどに退勤している人もいます。(数年前からそうすることに決めて、そうしているみたいです)

僕は割とやりたいことがいっぱいあるので残業とかもしますが、自分で選んでやっているので全然苦ではないです。用事がある日には定時で帰ります。
先月の残業時間は 30 時間ちょっとでした。

やや余談ですが、男性で育休を取得しつつ、週 1 で自宅でリモート勤務というかなり変則的な働き方をしている人もいます。
あとは、オーストラリアからフルリモートの人もいます。

パッケージソフトウェア開発では、一つのソフトを長く育てていくので、メンバーにもできるだけ長く在籍してもらいたいという傾向があります。
そのため、色々なスタイルで働けるようにしたい、ということでこのように柔軟になっているのだと思います。

収入

他の人の収入を知らないのでなんともいえませんが、たぶん高くも低くもないです。
僕は一度だけ転職して今アプレッソにいるのですが、個人的には、実力・市場価値相応の給与をもらっているという感覚で、納得感があります。

場所:今は東京にいるので東京を希望

文京区の江戸川橋という駅です。(有楽町線飯田橋のお隣)
駅から徒歩 1 分で、また東西線の神楽坂からも徒歩 10 分くらいなので、そちらから通っている人もいます。

すぐ横が首都高なのがちょっとしょんぼりですが、室内にいれば別に気にならないし、見えるのが首都高とはいえ窓が広いのも嬉しいし、反対側にはかわいい商店街もあって、慣れてくるとなかなか悪くないです。

以下は会社の周りの様子です。

f:id:enk_enk:20151209122022j:plain
▲僕の席の近くから見た首都高

f:id:enk_enk:20151209150109j:plain
▲会社の裏側は案外緑っぽい

f:id:enk_enk:20151209145607j:plain
▲春の江戸川公園(※流れている川は神田川

そのほか

環境:新しいものに抵抗がないことや、学ぶことが当たり前の環境にいたい

あくまでフェアに言うと、どんどん新しいサービスを作る Web 系スタートアップみたいなところに比べると、少し保守的だと思います。

というのも、エンタープライズの世界では、一度パッケージを入れたら(バージョンアップしながらも)何年も使い続けられる場合も多いので、後方互換性や将来的なメンテナンス性にすごく気を使います。
開発言語に Java を採用しているのも、もともと開発者・CTO で今は社長の小野さんが得意だったというのもあるでしょうが、同時に Java プラットフォームの後方互換性、安定性というところが大きいです。

とはいえ、当然 Java は随時最新のものにアップデートしていますし(もうすぐリリースされる DataSpider Servista 4.0 は Java8u66)、きちんと説明できれば OSS のライブラリも入れられます。(たとえば、今 Eclipse Collections を入れてみようとしています)

最近では新製品の動きも出てきていて、まだ決まっていませんが、Go を使ってみようだとか、僕を含む一部のエンジニアがどこかで Scala を使えないかもぞもぞしていたりとか、新しいことを学ぶ土壌はあります。

時期について

早くても4月頃とのことですが、問題ないと思います。

もっと遅くなるとしても、弊社に合う人が来てくれることが一番です。
幸か不幸か(?)採用予定に対して現状は結構不足しているので、遅くなるから不採用、みたいな心配はいらないと思います。 (こればかりは決定権を持っていないのでなんとも言えないところはありますが、声かけていただければしかるべき人に一言伝えることはできます)

というわけで

ぜろゆさん、ぜひ一度アプレッソに遊びに来てみませんか。
当然いきなり面接とか採用とかではなくて、まずはアプレッソも含む色々な会社を見てみるといいと思います。(すごく時間がなくてそんなことできない、とかあれば、僕からの紹介があればいきなり面接も可能だとは思います。たぶん。僕は当時京都に住んでいたこともあり、Wantedly から申し込んで、いきなり面接でした)

それから、ぜろゆさん以外にどなたでも(もちろん、「しっかりとソフトウェアエンジニアリングができる、あるいはできるようになろうとする意志と能力がある」人という前提ですが)、声をかけていただければお会いするなり、しかるべき人にご紹介します。
Twitter@enk_enk)でメンション(ないし、フォローしてメンションいただければフォローし返すので、DM)いただければオッケーです。

各種情報

最後になりましたが、採用情報等各種リソースへのリンクを貼っておきます。

■僕はこれから応募して入りました

www.wantedly.com

■別バージョン

www.wantedly.com

■去年書いた募集エントリ

enk.hatenablog.com

■会社 Web

www.appresso.com

■ミッションステートメント(単なるお題目ではなく、割とまじめにこれでやってます)

www.appresso.com

あえて僕に連絡しなくても、もちろん Wantedly から直接応募していただいてもオッケーです。

*1:ソフトウェアエンジニア以外にテストエンジニアやサポートエンジニアも募集していますが、このエントリでは対象を絞ります