読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この国では犬が

本と芝居とソフトウェア

2015 年 8 月に読んだ本(唯脳論、アジャイルサムライ、嵐のピクニック ほか)

8 月は 18 冊。

なんだかペースが妙に安定しています。
しかし、ある程度数を読むとその中に抜群にいい本が何冊かやっぱりあって、良好です。

8 月のよかった本

唯脳論

唯脳論 (ちくま学芸文庫)

唯脳論 (ちくま学芸文庫)

個人的にエポックメイキングな本でした。
10 年以上前からぼんやりと考えていたことに一定の解答というか、まあ解答の糸口が与えられた感じで、これまでにそれなりの冊数の本を読んできたのは、ある程度(たぶん二割弱くらい)はこの本を読むためだったなあ、と思います。

アジャイルサムライ

アジャイルサムライ−達人開発者への道−

アジャイルサムライ−達人開発者への道−

アジャイルサムライは方法論も十分実用的なのですが、思想書としてすぐれています。
その点、Kent Beck の Extreme Programming Explained にも近い気がします。

現代のソフトウェア開発って結局のところ「でも、やるんだよ!」なところはあると思います。
「やるか、やらないか」というか、「やりたいのか、やりたくないのか」というか……。

「やりたいんだったら、上司でも部下でも同僚でもなく、きみがやるんだよ」というか。

嵐のピクニック

本谷有希子という人はその名も「劇団、本谷有希子」という劇団をお持ちで、それで名前を聞いたことがあったのでたまたま手に取ったのですが、めちゃくちゃ面白くてぶったまげました。
読書メーターの感想にも書きましたが、天才かと……。

それで、今映画にもなった『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』を読み始めたのですが、こちらはまたずいぶんテイストが違って、これからどう面白くなるかな、と楽しみなところです。

8 月に読んだ漫画

ゲオブームが来ていたので、ちょいちょい読みました。

にこたま

にこたま(1)

にこたま(1)

午前3時の危険地帯

午前3時の危険地帯 1 (FEELCOMICS) (Feelコミックス)

午前3時の危険地帯 1 (FEELCOMICS) (Feelコミックス)

午前3時の無法地帯

午前3時の無法地帯  (1) (Feelコミックス)

午前3時の無法地帯 (1) (Feelコミックス)

↑のツイートにもありますが、こちらの方が先なので興味をお持ちの方はご注意ください。

ピースオブケイク

ピースオブケイク 1 (1) (Feelコミックス)

ピースオブケイク 1 (1) (Feelコミックス)

寄生獣

会社の人が貸してくれたヒストリエがめっちゃクソ面白かったので、続きが待ち切れず読みました。
とても面白かった。けど、ヒストリエの方が好き、だいぶ。

読書メーター

2015年8月の読書メーター
読んだ本の数:18冊
読んだページ数:4403ページ
ナイス数:14ナイス

街場のアメリカ論 (文春文庫)街場のアメリカ論 (文春文庫)
読了日:8月4日 著者:内田樹
Bootstrapファーストガイド―CSS設計の手間を大幅に削減!Bootstrapファーストガイド―CSS設計の手間を大幅に削減!
読了日:8月5日 著者:相澤裕介
夜と霧 新版夜と霧 新版
読了日:8月6日 著者:ヴィクトール・E・フランクル
こゝろ (角川文庫)こゝろ (角川文庫)
読了日:8月6日 著者:夏目漱石
何者 (新潮文庫)何者 (新潮文庫)
読了日:8月7日 著者:朝井リョウ
道をひらく道をひらく
読了日:8月9日 著者:松下幸之助
唯脳論 (ちくま学芸文庫)唯脳論 (ちくま学芸文庫)感想
心が脳の機能であることを喝破し、そこからさらに長い射程を持つスゴイ本だと思います。
読了日:8月11日 著者:養老孟司
アジャイルサムライ−達人開発者への道−アジャイルサムライ−達人開発者への道−感想
「君が質の高いソフトウェアを届けることは誰にも止められない。(中略)でも勘違いしないでほしい――これは簡単なことじゃない。(中略)君が範を垂れたからといって誰もがその気になるわけじゃないという現実も受け止めねばならない。でも、やるんだよ!――それが君のなすべきことなんだとしたらね。」
読了日:8月12日 著者:JonathanRasmusson
常識にとらわれない100の講義 (だいわ文庫)常識にとらわれない100の講義 (だいわ文庫)
読了日:8月13日 著者:森博嗣
「事務ミス」をナメるな! (光文社新書)「事務ミス」をナメるな! (光文社新書)
読了日:8月15日 著者:中田亨
世界を「仕事場」にするための40の基本 (朝日文庫)世界を「仕事場」にするための40の基本 (朝日文庫)感想
即答力、大事ですよね。少なくともある意味で準備ができていれば、即答できる。
読了日:8月16日 著者:松浦弥太郎
少し変わった子あります (文春文庫)少し変わった子あります (文春文庫)感想
途中まで森博嗣節が気持ちよかったんだけど、後半ちょっぴし残念でした。「きっとあなたはもう1度読み返すはず」っていう帯のアオリがよくないなあ。
読了日:8月17日 著者:森博嗣
かけがえのないもの (新潮文庫)かけがえのないもの (新潮文庫)
読了日:8月20日 著者:養老孟司
ハーバードの人生を変える授業 (だいわ文庫)ハーバードの人生を変える授業 (だいわ文庫)
読了日:8月21日 著者:タル・ベン・シャハー
倚りかからず (ちくま文庫)倚りかからず (ちくま文庫)
読了日:8月21日 著者:茨木のり子
沈みゆく大国アメリカ (集英社新書)沈みゆく大国アメリカ (集英社新書)
読了日:8月22日 著者:堤未果
沈みゆく大国アメリカ 〈逃げ切れ! 日本の医療〉 (集英社新書)沈みゆく大国アメリカ 〈逃げ切れ! 日本の医療〉 (集英社新書)
読了日:8月26日 著者:堤未果
嵐のピクニック (講談社文庫)嵐のピクニック (講談社文庫)感想
軽妙なタッチでずっぽずっぽもぐりこんでくるので天才かと思いました。その点、歯医者さんに似ているかも。
読了日:8月28日 著者:本谷有希子

読書メーター