この国では犬が

本と芝居とソフトウェア

鑑賞記録 2016 年 1 月(書く女、夫婦 ほか)

新年は芝居が 4。

観た芝居

十一人の少年

色々な劇があるのだ、ということが最近(まともに見始めてから 1 年経ってようやく……)わかってきました。

イスラ! イスラ! イスラ!

  • 岡崎藝術座
  • 1/15(金)20:00~@早稲田小劇場どらま館

これも色々な劇のうちのひとつ。

遠くて、むずかしかった。

役者が全員ずっと仮面をつけていたので、自然とからだの微細な動きに注意が向くのが面白かった。
でも、それ自体に大きな意味はなかったような気もします。

こうやって遠いものがふとした拍子に近くに来ることがあるのは知っているけど、でもやっぱり遠かったなあ。

書く女

最近あまり「美しい」という言葉を使いすぎないようにしようと心がけているのだけれど、書く女の黒木華はじつに美しかったので。

夫婦

ハイバイは今までに観たどの演劇とも少しずつ似ているようで似ていなくて、にもかかわらず観劇体験が高水準で(それこそ「遠い」みたいなことも全然なくて)、不思議な魅力でした。
今度の『おとこたち』もぜひ観に行きたい。

以上、絞って絞って 4 本でした。

広告を非表示にする